スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本屋大賞 2012 予想1

△ 本屋大賞とらなそう
〇 本屋大賞とれるかも
◎ 本屋大賞とれそう


『偉大なる、しゅららぼん』著/万城目学(集英社) △
なんとなく、迫力が足りない気がします。万城目学さんは、これまで何度も候補になってきましたが、やっぱり一番インパクトがあったのは『鴨川ホルモー』だったのではないか・・・ 今後に期待、という扱いになってしまう予感。

偉大なる、しゅららぼん




『くちびるに歌を』著/中田永一(小学館) 〇
よくできた青春小説なので、なんとなく、本屋大賞を選ぶ人たちからは受けそうな予感がします。しかも、これまで、乙一は魅力的な作品を数多く発表してきましたが、メジャーな賞をもらっていません。だから、あえて本屋大賞に推す、という人は多いかも。

くちびるに歌を




『ジェノサイド』著/高野和明(角川書店)  △
すでに、『このミステリーがすごい!国内編』1位になり、『週刊文春ミステリーベスト10』1位になり、その上、山田風太郎賞まで受賞した作品。もう十分に売れています。メジャーな『ジェノサイド』にあえて本屋大賞をあげる必要はない、と本屋の人たちは判断するのではないか。

ジェノサイド





スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

watch

Author:watch
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。